瀬戸のおさかな

トップページ > 瀬戸のおさかな

アイナメあいなめ
  • アイナメ
  • 冬から春にかけてが旬。脂肪分の多い白身。刺身、照り焼き、煮付け、唐揚げ、汁物などの料理に用いられる。

キジハタ(アコウ)きじはた(あこう)
  • キジハタ(アコウ)
  • 幻の魚といわれる高級魚。身はもっちりと独特な味を持つ白身。夏が旬。刺身、煮付け、鍋などに用いられる。

アジあじ
  • アジ
  • 赤身と白身の味を併せ持つ。刺身、天ぷら、塩焼き、から揚げ、煮付け、南蛮漬け、ひらきなどに用いられる。

アナゴあなご
  • アナゴ
  • 脂肪分を豊富に含んだ淡白な白身。フライ、天ぷら、焼物、寿司物等用途は広い。刺身で食べる事もできる。

イサキいさき
  • イサキ
  • 夏の白身魚の代表。油が良くのって刺身がうまい。また、塩焼き、煮付けなど様々な料理に用いられる。

イシダイいしだい
  • イシダイ
  • 旬は秋。身は弾力のある白身で、刺身、寿司、洗い、塩焼き、煮付け、唐揚げなどに用いられる。

イワシいわし
  • イワシ
  • ウルメ、カタクチ、マイワシと種類があり、刺身、塩焼き、フライ、酢の物、煮付けなどに用いられる。

カサゴ(ホゴ)かさご(ほご)
  • カサゴ(ホゴ)
  • 脂ののった白身。刺身、から揚げ、煮付け、味噌汁、鍋料理などに用いられる。また、ひれ酒は絶品。

カレイかれい
  • カレイ
  • 底物の白身魚。愛媛ではメイタ、あまての2種類。刺身、煮付け、焼き物、揚げ物など様々な料理に用いられる。

キスきす
  • キス
  • 春から夏にかけて牙旬。脂肪が少なく柔らかい白身。刺身、天ぷら、フライ、酢の物などに用いられる。

ベラ(ギゾ)べら(ぎぞ)
  • ベラ(ギゾ)
  • 皮膚は若干ぬめりがあるが、白身で癖がない。煮付け、塩焼き、から揚げなど様々な料理に用いられる。

メジナ(グレ)めじな(ぐれ)
  • メジナ(グレ)
  • 磯釣りの代表格。冬の新鮮なメジナは癖が無く淡白な白身で、刺身、たたき、焼き魚、煮付けなどに用いられる。

コチこち
  • コチ
  • 夏が旬の歯ごたえのある白身魚。骨が多いが、刺身、寿司、天ぷら、から揚げ、煮付けなどに用いられる。

サバさば
  • サバ
  • しめ鯖、焼き魚などに用いられる。秋から冬が脂がのっていて新鮮なものは刺身などにも用いられる。

サヨリさより
  • サヨリ
  • 春から夏にかけてが旬。白身の高級魚。刺身、寿司、天ぷら、塩焼き、干し物などに用いられる。

スズキすずき
  • スズキ
  • 柔らかく癖の無い白身。タタキ、揚げ物、塩焼き、煮付け、ムニエルなど和洋中問わず様々な料理に用いられる。

タコたこ
  • タコ
  • もっぱら蛸壺漁でとる。今出のタコは専門店があるほど有名。刺身、寿司、酢だこ等様々な料理に用いられる。

タチウオたちうお
  • タチウオ
  • 秋が旬。肉は柔らかく塩焼き、から揚げなどに用いられる。新鮮なものは刺身や寿司などにも用いられる。

チヌちぬ
  • チヌ
  • 磯摺りの定番魚。身は歯ごたえのある白身だが少し磯臭い。刺身、塩焼き、ムニエルなどに用いられる。

カワハギかわはぎ
  • カワハギ
  • 脂肪が少なく歯ごたえのある白身。煮付け、刺身、フライはもちろん秋の肝は刺身と一緒に食べると絶品。

ハマチはまち
  • ハマチ
  • 瀬戸内海では養殖が盛ん。刺身、寿司、照焼き、煮つけなど様々な料理に用いられる。出世魚。

マダイまだい
  • マダイ
  • 愛媛の県魚。魚の王様。刺身、焼き魚、吸い物、煮付け、鍋料理、鯛めしなど多種多様な料理に用いられる

マトウダイまとうだい
  • マトウダイ
  • 南予の冬の魚。身はハギに似ていて刺身、煮付け、フライ、から揚げ、ムニエルなどに用いられ、肝は絶品。

メバルめばる
  • メバル
  • 脂肪が少なく淡白な白身。刺身、煮付け、塩焼き、から揚げ、蒸し物、汁物などに用いられる。

モイカもいか
  • モイカ
  • 冬から春にかけてが旬。肉質は少し硬めで甘みがある。刺身、天ぷら、煮付け、フライなどに用いられる。

アワビあわび
  • アワビ
  • 言わずと知れた高級食材。コリコリとした独特の歯ざわりで、刺身、酒蒸し、磯焼きなどに用いられる。

伊勢海老いせえび
  • 伊勢海老
  • 関門海峡、瀬戸内海、太平洋の潮流から運ばれる豊富な栄養素に育まれた三崎の伊勢海老はまさに絶品。

おさかなの旬カレンダー

ページトップへ

加盟ホテル一覧

イベント案内

観光地案内

体験スポット

愛媛のええもん、うまいもん

お遍路(四国八十八か所)

「愛ある」愛媛のかんきつ

瀬戸のおさかな