観光地案内

トップページ > 観光地案内

  • 南予地区の観光地
  • 中予地区の観光地
  • 東予地区の観光地

中予地区の観光地

松山城まつやまじょう
  • 松山城
  • 加藤嘉明が1602年に築城した平山城です。日本三大平山城に数えられています。創建当初、天守閣は5層の大変立派な建物でしたが、後に徳川幕府に遠慮して現在の3層に改修されました。天守閣は日本三大連立天守のひとつにも数えられています。現在では松山市のシンボルとして市民に親しまれています。

道後温泉本館どうごおんせんほんかん
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館は日本最古温泉「道後温泉」の共同浴場として1894年に建築されました。当初は莫大な費用が掛けられたため、建築反対運動が激しかったそうです。現在では大衆浴場として市民に親しまれ、松山市有数の観光名所のひとつにもなっています。2009年3月には観光地版のミシュランガイドで二つ星に選定されました。泉質は、アルカリ性単純泉で神経痛、関節痛、筋肉痛に効能があります。

坂の上の雲ミュージアムさかのうえのくもみゅーじあむ
  • 坂の上の雲ミュージアム
  • 松山市が取り組んでいる、司馬遼太郎の歴史長編小説「坂の上の雲」を軸としたまちづくりの中心を担う施設です。「坂の上の雲」や明治時代に関連する品々が展示されています。

松山市立子規記念博物館まつやましりつしききねんはくぶつかん
  • 松山市立子規記念博物館
  • 正岡子規の世界を通して、松山や文学について親しみ、理解を理解を深めることを目的に開設された文学系の博物館です。学校の課外授業や研究者の研究施設、観光地として親しまれています。

伊丹十三記念館いたみじゅうぞうきねんかん
  • 伊丹十三記念館
  • 映画監督・俳優として活躍した故・伊丹十三のゆかりの品などを展示している記念館です。彼の名にちなみ「13」のコーナーに分けて展示されています。

愛媛県立とべ動物園えひめけんりつとべどうぶつえん
  • 愛媛県立とべ動物園
  • かつて松山市にあった「道後動物園」の移転先として作られた西日本有数の動物園です。国内で初めて人工保育に成功したホッキョクグマのピースなど200種・1000頭の動物がいます。また、施設内には、動物や施設に関する疑問・質問に応えてくれるガイド員が配置されています。

坊っちゃん劇場ぼっちゃんげきじょう
  • 坊っちゃん劇場
  • 愛媛や瀬戸内の文化、伝統をテーマにした舞台作品を主に上演しています。踊り指導などの文化体験も行っており、教育・文化・芸術の場としての役割も担っています。英・中国・韓国語対応音声ガイドがあります。

四国カルストしこくかるすと
  • 四国カルスト
  • 日本三大カルストのうちの一つで、石灰岩が突出し標高が約1,400メートルあることから高山植物の宝庫でもあります。乳牛の放牧地帯としても有名で、牧歌的な風景を楽しむことができます。

東予地区の観光地

ページトップへ

今治城いまばりじょう
  • 今治城
  • 1604年に藤堂高虎が築城した平城です。美しいお堀が特徴で、海水を引き入れ、建築当初は海上から船で直接お堀に行けるようになっていました。日本三大水城に数えられています。明治維新後、建築物は解体されましたが、1980年に天守閣などが再建されました。

瀬戸内しまなみ海道せとうちしまなみかいどう
  • 瀬戸内しまなみ海道
  • 瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ、総延長59.4kmの自動車専用道路です。瀬戸内海に点在する島々を10の橋でつないでいます。このルートは、すべての橋に自転車歩行車道が併設されており、歩いて渡ったり、自転車で渡ることもできます。

石鎚山いしづちさん、いしづちやま
  • 石鎚山
  • 西日本最高峰の山で標高は1982m。山岳信仰の山として昔から多くの人が頂を目指して登りました。日本百名山や日本百景の一つで、日本七霊山のひとつにも数えられています。そのため霊峰石鎚山とも呼ばれています。

霧の森きりのもり
  • 霧の森
  • レストランをはじめ、和紙人形を展示する「いまはむかしミュージアム」やふれあい館、茶室・聴水庵など様々な設備が整っています。

南予地区の観光地

ページトップへ

内子座うちこざ
  • 内子座
  • 大正5年に建築された本格的な歌舞伎劇場で、現在も芝居やコンサート、寄席などに利用されています。枡席や回り舞台、奈落など劇場内部を見学することもできます。

おおず赤煉瓦館おおずあかれんがかん
  • おおず赤煉瓦館
  • もともと「大洲商業銀行」の本店として建築された建物で、現在では観光施設として、れんがの資料や大洲の特産品の展示販売をしています。また、喫茶コーナーやギャラリーもあります。

長浜大橋ながはまおおはし
  • 長浜大橋
  • 現役で稼動するバスキュール式(跳ね上げ式)道路可動橋では日本最古の橋です。建設当時は船が重要な輸送手段であったため、船が通るたびに開閉していましたが、現在は点検を兼ねて観光用として毎週日曜日の午後1時のみ開閉を行っています。

ギャラリーしろかわぎゃらりーしろかわ
  • ギャラリーしろかわ
  • 国内外の日本画、洋画、版画、彫刻、陶磁器、ガラスなど約200点を展示しています。毎年7月~11月にはかまぼこ板アートに全国から応募が殺到します。

開明学校かいめいがっこう
  • 開明学校
  • 明治15年(1882)に建てられた西日本で最も古い校舎です。当時使用された教科書や学校経営資料など約6,000点を所蔵し、2階には明治・大正期の教室を復元しています。国の重要文化財に指定されています。

おさかな牧場 シーロード八幡浜おさかなぼくじょうしーろーどやわたはま
  • こちらは写真がございません。
  • 初心者でも気軽に出来るいけす釣りと1日自由に釣りが出来る外釣りの2種類の釣りが楽しめます。施設には、直売所やレストランもあります。

佐田岬灯台さだみさきとうだい
  • 佐田岬灯台
  • 豊後水道と伊予灘を往来する船舶の安全に寄与している灯台です。晴れた日は豊予海峡を隔てて約14km先に九州が遠望できるなどビュースポットとしても有名です。

宇和島城うわじまじょう
  • 宇和島城
  • 藤堂高虎によって築城された近世城郭です。天守閣などはのちの藩主、伊達氏が築城したものです。別名「鶴島城」とも呼ばれています。

節安ふれあいの森せつやすふれあいのもり
  • 節安ふれあいの森
  • 高知県との県境、四万十川源流に位置する「節安(せつやす)ふれあいの森」では、7月中旬から8月31日にかけて、地元産ワサビなど、薬味をたくさん使ったそうめん流しや体験うどん打ちを楽しめます。

    【写真提供 MAPPLE観光ガイド】

雪輪の滝ゆきわのたき
  • 雪輪の滝
  • 落水が美しい雪の輪のような水紋を描くことから名付けられた滝です。滑床渓谷一番の景勝地で日本の滝百選にも選定されています。

虹の森公園にじのもりこうえん
  • 虹の森公園
  • 滑床渓谷に近い最適の休憩スポットです。ガラス工房での見学・体験のほか、全国でも珍しい淡水魚の水族館「おさかな館」もあり、おさかな館の利用料金は大人800円です。

宇和海展望タワーうわかいてんぼうたわー
  • 宇和海展望タワー
  • 展望室がゆるやかに回りながら昇ってく回転昇降式展望タワーからは、宇和海国立公園が一望でき、繊細かつ大胆なリアス式の風景を満喫できます。

石垣の里いしがきのさと
  • 石垣の里
  • 愛南町の外泊地区では、季節風や潮風から家を守るため山腹の急斜面に並ぶ家が石垣の塀に囲まれています。まるで、城壁のような風景が独特の雰囲気を醸し出しています。

詳しい情報は以下を参照ください。

いよ観ネット
愛媛の観光情報、おすすめ観光ルートをエリア別、ジャンル別で紹介しています。
リンク一覧
愛媛の観光情報を発信しているホームページをご紹介します。

ページトップへ

加盟ホテル一覧

イベント案内

観光地案内

体験スポット

愛媛のええもん、うまいもん

お遍路(四国八十八か所)

「愛ある」愛媛のかんきつ

瀬戸のおさかな